Resistance 杉山直人

Resistance

今回は『Resistance 杉山直人』についてです。

販売会社:株式会社サーガ
電話番号:03-4405-1398
メールアドレス :info@resistance-project.com
所在地:東京都青梅市東青梅 4丁目9番地7号第23 クリスタルマンション103

どーも
はじめましての方、はじめまして。
OZ と申します。
以後お見知り置きの程よろしくお願いいたします。

Resistance 杉山直人について

最近よくあるパターンのオファーですね。

スマホで手軽にどなたでも稼げますよ!!

というネタで、大したヒネリもありません。

扱うものが何かはよくわかりませんし、

開発者の方についても

ついに!!この男が凱旋帰国!!

と言われましても、この杉山直人と名乗られている方が、どこの誰かも存じません。

検索しても、この杉山直人氏らしき人物の情報は得られません。

日本とシンガポールを行き来して活躍しており、シンガポール在住の富裕層の日本人の中では知らない人がいないほどの破格な人物だとのことですが、言うだけならタダですからね。

とりあえず、動画を見て杉山氏のいうアプリなるものをダウンロードしてみました。

Webアプリと呼称するそうで、

ブックマークのショートカットアイコンをスマホのホーム画面に置いておくようなものです。

この手のオファーがアプリとかシステムとかと呼んでいるものは、大概これと同じようなものです。

酷いものだと、LINE配信するもののことをアプリだのシステムだのと呼んでいます。

トレードという画面を見る限り、扱うものはFXのように思うのですが、明言されておりませんのでなんとも言えません。

アプリと併せてLINEも登録すると、トレード(タップ)のタイミングが送られてきます。

まあ、なんとなく、それらしく使えそうにはなりましたよ。

で??

だからなに?

杉山氏は次のように述べておられます。

皆様、初めまして。
杉山 直人(すぎやま なおと)です。
あなた自身、この動画をご覧になったこの時点で少資金からでも100万円300万円1000万円と口座残高を増やし続けられることが確約されました。
ですので、このResistanceアプリに巡り会えた以上リアルタイムで一生涯ずっと利益を生み出していくことになります。
それを本来なら言葉だけではなく実績や証拠を充分なくらい見せたいのですが・・・
過去の実績ならいくらでも捏造する気になれば出来てしまうのも事実。
ですからあなたには実際に今からResistanceアプリを使って頂き自分の手で利益を生み出して頂きます。
それって証拠もなにも稼げる事が自分の手で証明されたようなものですよね。
だからこそ私はあなたに無料でこのアプリを使って頂きたいんです。

http://resistance-project.jp/Af5mBNLT.php

過去の実績ならいくらでも捏造出来ることを認めているのは良いのですが

実際に使用して自分の手で利益を生み出していただきますって、、、

口座も何も登録してませんよ。

コレって、ただのデモトレードっぽいものでしかありません。

杉山氏は動画の中で次のように語っていました。

Resistance

Resistance

Resistance

 

単なるデモではなく、体験でも練習でもなく正真正銘の資産構築アプリですって???

このオッサン、ようこんなこと言えるわ!

まとめ

何を持ってして、『ほら、儲かるでしょ!?』と言いたいのかがわかりません。

このような誤魔化した手法により紹介されているこのオファーは信用出来る部分がございません。

無料のうちならば試してみてもよいかもしれませんが、おそらく投資案件ですので原資は必要となります。

Resistance

「Resistance資金別資産構築ガイドブック」

コメント特典で貰った「Resistance資金別資産構築ガイドブック」なるものですが、当たり前のことばかり書いてあって笑ってしまいました。

確かに、当たり前のことをするのが難しいということは否めないのですが、、

「始めていっていきましょう」

???

こんな日本語のおかしな人物を信用なんて出来ませんよ。

やはり、情報の取捨選択が重要ということです。

ということで儲かるとは到底思えません。

お薦めいたしかねます。

かなり怪しい杉山直人なる人物が開発したというサイトアプリと、誰が判断して配信しているのかもわからないLINEの情報に踊らされて、大切な資産を失うことだけは避けましょう。

商材・オファーはしっかり調査し納得してから購入・参加することを強くお薦めします。
皆様のネットビジネス参加の一助になれれば幸いです。

ではまた。

免責事項
当サイトに記載の情報について、掲載にあたっては精査・確認のうえ行っております。ただし、内容や時期によっては古い情報や誤りのあるものが含まれる可能性があります。あくまでも主観に基づいた内容になっておりますので当サイト情報の利用により生じたトラブルの保証は致しかねます。

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.