CROWD REBIRTHING PROJECT(クラウドリバーシング) 田原健一

crowd rebirthing

CROWD REBIRTHING PROJECT(クラウドリバーシング) 田原健一について

商品名:CROWD REBIRTHING PROJECT
販売責任者:合同会社ソキウス
運営責任者所在地:神戸市兵庫区三川口町一丁目1番9-1101号
電話番号:03-4405-1762
(【C・R・P】受取り&サポート専用LINE@のみで受付しております。)
お問い合わせ:crowdrebirthingproject.info@gmail.com
(【C・R・P】受取り&サポート専用LINE@のみで受付しております。)

どーも。
はじめましての方、はじめまして。
OZ と申します。
以後お見知り置きの程よろしくお願いいたします。

『CROWD REBIRTHING PROJECT(クラウドリバーシング) 田原健一』について

所要時間3分で現金5万円を生み出す前例のない資産還付を無料体験して下さいとのキャッチコピーのこのオファーですが、どのようなものなのでしょう。

失敗が資産を生み出すというプロジェクトとのことで、過去に悪質な商材を購入してしまった方が、その情報(案件名・内容・費用)を申請するごとに収入が発生するシステムだそうです。

いやー、感心するというかなんというか、、

こういった類のオファーを繰り出す方々って、本当に色々な切り口で次から次へと考えるものですね。

情報商材でたくさん失敗した人ほど利益を得られるというこのプロジェクトは、東証一部上場を予定している機関が主催しているとの紹介でした。

『東証一部上場を予定している機関』といわれましても、予定するのは勝手ですが、実際に上場するかは別の話です。

このオファーも諸々の例に漏れず、まずはメールアドレスの登録を促されます。

一応、メールアドレスを登録してどのような流れとなるのかを確認してみました。

勿論、架空のアドレスでの登録です。

すると、なんの問題もなく、お決まりのLINE@への登録ページが表示されました。

LINE@にも登録してみました。

するとまずは『CROWD REBIRTHING』を受け取って下さいと促され、受取ページに入ると個人情報の入力を求められます。

ここは適当に入力します。

crp

CROWD REBIRTHING

(※内容もよく判らないものに、間違っても正直に個人情報を入力してはいけません。)

すると『CROWD REBIRTHING』なるものが使える(?)ようになりました。

ここからは、動画でもデモンストレーションしていましたが、『質問に回答』のところに入力することが出来ます。

試しに、これまた適当に打ち込んでみたところ、50,000円の報酬が確定したとのこと。

crp

CROWD REBIRTHING

気になるのは『※確認作業のため金額に誤差が生じる場合がございます』との記述です。

確定しているのに誤差が生じるとは一体どういうことなのでしょう?

これは、『確認した結果、重複の報告が存在しているため、あなたには報酬は発生しません』というための布石のように考えます。

つまり、報酬を支払うつもりは元々無いように考えられるということです。

そもそも、あるかないかも判らない情報を適当に入力しただけで、報酬が発生するということ自体が有り得ない話です。

こんなもので5万円の報酬が得られるワケがございません。

仮にもし、本当にたったこれだけのことで報酬が得られるのであれば、いくらでもねつ造できます。

実害の有無に関わらず、申請すればするほど報酬が発生するようなものです。

実際には、受けた実害の証拠を提示しないとダメだのなんだのと理由を付けられ、支払いを逃れる言い訳も用意されているのではないでしょうか。

信じる人がいるかどうかは不明ですが、ちょっと馬鹿にしすぎなのではなかろうかと思いました。

田原健一という人物についても信用できる情報を得ることは出来ませんでした。

オファー内では、海外で活躍している有名な超一流のトレーダーとして紹介されています。

業界では、「知る人ぞ知る人物」とのことですが、このようなオファーでは「知る人ぞ知る人物」という設定の方が出てくることが一種のセオリーのようになっています。

動画において、ナビゲーターの清水氏が田原氏の海外で賞を受けたとされる際の話を切り出す一面がありました。

田原氏が「そんな昔の話を持ち出さないで下さいよ」

的なことを発言したのち「丁度この賞のことだね」

と、座っている横に計ったように置いてあるトロフィーのようなものを出してきます。

清水氏も「見せていただいていいですか」

と、そのトロフィーを感慨深げに眺めていました。

なんだか、かなり芝居がかった動画です。

いままで見てきた数多のローンチ動画の中でも、かなり下のランクに位置する仕上りです。

さらっと紹介がありましたが、ナビゲーターの清水氏も一流のトレーダーなのだそうです。

ですが、悪質商材情報を収益化するというこのシステムに疑問を覚えないような方が、一流のトレーダーといえるのだろうかということについては、非常に懐疑的です。

また、実害が無くとも情報提供するだけで月1回のみで10万円貰えるという情報提供の案内もありますが、これも重複した情報がある等の理由を付けられ、報酬が支払われない可能性が高いと考えます。

第3話では、本案件の着地点が見えてきます。

『さらなる富を完全自動で生み出す特別な提案』

『大手企業にしか提供を許していない田原健一の投資機関使用許可』

といったワードが出てきますので、なんらかの自動売買投資案件をすすめられると考えます。

第4話では、『リバーシングカンパニー』というものに加入しないと報酬が受けられないということが判明しました。

そしてそれは当然、無料ではないでしょう。

そろそろ、このローンチに付き合う必要も感じなくなって参りました。

まとめ

本案件は、悪質商材の被害者を救済するようなことを謳いながら、その実態は真逆のものであるように考えます。

情報提供による報酬が得られる可能性も限りなくゼロに近いでしょう。

最終的には、原資の必要な投資案件となることが想定されます。

困窮する方が、状況を打開するために参加したとしても、更なる苦境に陥ることになるでしょう。

参加しない方が良いと申しますか、参加してはいけない案件だと考えます。

田原氏を信じて参加してみようと心に強く決めた方を制止するつもりはございません。

ただし、それは全て自己責任であり、その決断によって損失を被ったとしても誰も補填してくれないということだけは肝に銘じて下さいませ。

商材自体の費用は返金請求によって取り戻せるかもしれませんが、それには相応の時間とエネルギーが必要となりますので、途中で疲弊し、諦めて泣き寝入りしてしまう方が大半です。

加えて、投資案件で投資した原資はほぼ戻ってきません。

ご自身の大切な資産を守るのは自分自身です。

本質を見抜く目を持って情報の取捨選択をすることで、悪意ある商材購入によって生じる不要な心労から未然に回避することが肝要です

 

商材・オファーは慎重に調査し、納得の上で購入・参加することを強くお薦めします。
皆様のネットビジネス参加の一助になれれば幸いです。

ではまた。

免責事項
当サイトに記載の情報について、掲載にあたっては精査・確認のうえ行っております。ただし、内容や時期によっては古い情報や誤りのあるものが含まれる可能性があります。あくまでも主観に基づいた内容になっておりますので当サイト情報の利用により生じたトラブルの保証は致しかねます。

SNSでもご購読できます。