2018案件のリユース多発中!

『クリプトエンジェル1000人創出プロジェクト 鈴川愛菜』
『C3-System 井上光一』
『チームAPSプロジェクト 脇本進一郎』
等々

どーも。
はじめましての方、はじめまして。
OZ と申します。
以後お見知り置きの程よろしくお願いいたします。

『2018案件のリユース多発中!』

平成が終わり、令和となりましたが、平成の終期以降、過去に紹介されていた案件のリユース(使い回し)が目立っています。

以前、記事にもしましたが、『HEISEI LAST CLUB(平成ラストクラブ)』のような複数のLINE配信者から過去(2018)案件の紹介が多数送られてきております。

中でも目立つのが、【株式会社バリューブレイン】のオプトイン案件です。

クリプトエンジェル1000人創出プロジェクト 鈴川愛菜』では

『2019年4月までに1000人のクリプトエンジェルを創出します』

と目標を掲げていました。

この案件、最初に紹介されたのは2018年の9月頃でしたので、内容はともかく、時期的な部分については違和感を覚えることはなかったのですが、、、

中身を一切変えることなく、4月末のGW直前にこの案件が紹介されてきたのです。

それも複数のLINE@からです。

もう終わってるやん!

と突っ込まれるのを承知で配信しているのでしょうか。

理解し難い行為です、、、

実態はLINE@に登録させて、他の情報商材を紹介してくるだけのものですので、LINEをブロックしてしまえば実害はないのですがね。

C3-System 井上光一』も同じようなモノです。

こういったタイミング的に意味不明の過去案件を紹介してくる

【株式会社バリューブレイン】

の商材には今後も注目していきたいと思います。

チームAPSプロジェクト 脇本進一郎』については、既に何度もリユースされており、毎回のように期間限定を謳っています。

一言でいうと、扱う中身は競馬です。

参加にあたっては、慎重に検討して下さいとしか申し上げられませんが、お目汚しではございますが、コチラの記事を一読してくださればと思います。

他にも泉和真氏の『ホワイトマジック』に『リターン』を付して紹介されていたりと、過去案件のリユースは多数ございます。

優良なものであるならば、再販は大歓迎なのですが、こういった案件というのは、ほぼ例外なく避けた方が良い案件の可能性が極めて高いと言わざるを得ません。

ちょっと話を変えますが、映画版

『闇金ウシジマくん3』

を観た方はいらっしゃいますでしょうか。

山田孝之さんが主演の映画です。

実写版は、原作のコミックより少しマイルドな印象を受けるのですが、実写は実写でなかなか良いです。

さて、この映画版の『闇金ウシジマくん3』で扱っているのは『ネットビジネス・情報商材』です。

この作中で、ネットビジネスの成功者(のような)役のモデルとなっているのは

「秒で億を稼ぐ」

とおっしゃっていたアノ方のことでしょう。

情報商材やネットビジネスに興味がある方は、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

視点や思考が変わるかもしれませんよ。

間違っても、悪意ある使い回し案件による被害に遭われぬようご注意下さいませ。

商材・オファーは慎重に調査し、納得の上で購入・参加することを強くお薦めします。
皆様のネットビジネス参加の一助になれれば幸いです。

ではまた。

免責事項
当サイトに記載の情報について、掲載にあたっては精査・確認のうえ行っております。ただし、内容や時期によっては古い情報や誤りのあるものが含まれる可能性があります。あくまでも主観に基づいた内容になっておりますので当サイト情報の利用により生じたトラブルの保証は致しかねます。

SNSでもご購読できます。