電脳ツール セドリオン評価

セドリオン

今回は電脳ツール セドリオンについて検証します。

販売業者:ライフジェネレーション株式会社
販売責任者:田中 洋行
ホームページURL: https://sedorion.com/
所在地:〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町15-23-905
電話番号:06-6809-2484
メールアドレス:contact@sedorion.com

どーも。
はじめましての方、はじめまして。
OZ と申します。
以後お見知り置きの程よろしくお願いいたします。

電脳ツール セドリオンについて

infotopにて販売されているこのセドリオンというツールですが、Yahooショップと楽天市場の約40万店のショップから仕入れてamazonに転売すると利益が出る商品を自動抽出してくれるとのこと。

 

はてさて、世の評価は如何に!?

セドリオン(田中洋行)の開発者本人がUPしている動画を見つけたんですが内容はなんと「なかなか見つからない方へ」ということを言ってしまっているんですね…でも確かに実際に使ってみて全然良い商品が見つからなかったんで「商品が全く見つかりません!」という問い合わせがたくさんあったのかな?と推測できます。
https://sho51.jp/sedorion/

 

指定したショップに「稼げそうな商品」が無ければ、また自ら40万店舗の中から目星を付けてショップIDを取得し、それを指定していく作業が必要になります。
そういう作業を何度も何度も繰り返す必要があるわけです。
要するに40万店舗の中から、「稼げる商品を安く売っていそうなショップ」を自分で見つけだしていく事が出来ない限り、このツールで稼げる商品を見つける事は出来ないんです。
更に、ショップIDを1つ指定した際の「リサーチ時間」も、そのショップの商品数によってはかなりの時間を要します。
http://toudai5000.net/?p=2382

 

電脳仕入れツール「セドリオン」について使い勝手が悪いと思った理由は、「40万店舗」の中からリサーチするには、リサーチしたい「ショップID」を手に入れて、1件1件手作業で入力しないとならないからなんです。
要するに、対象が「40万店舗」あるということは、40万回手作業で「ショップID」を入力していく必要があるというわけです。
http://underthepine.blog.fc2.com/blog-entry-526.html

 

厳しい意見が多いですね。

現在、二つのネットショップの数は、Yahooショップが約65万店、楽天ショップが約4万5千店あります。

このうちの40万店舗からリサーチ可能ということなのか、IDさえ取得出来ればどの店舗でもリサーチ出来るのかは不明ですが、このツールの販売時点で既に40万店舗以上のショップが存在していましたので対応していないショップがあるように考えられます。

使用にあたってのネックとなるのが、手動で店舗IDを入力しなければならないということですね。

セールスレターを漫然と読んだだけでは簡単に自動的に抽出してくれると考えてしまいそうですが、実際にはショップのチョイスは自身で行う必要があるということです。

総数約70万店舗の中から抽出可能な40万店舗を探し、その中から更に利益率の高いモノを扱っている店舗を探すのは至難の業のように思えます。

電脳せどりの問題点として、「慣れるまでお宝商品がうまく見つけられない。」とセールスレター内でも書かれていますが、お宝を扱っているショップもうまく見つけられないのではないかと思ってしまうのは私だけでしょうか。

ツール化されているという言葉を都合よく解釈して自動で楽に出来ると考えて購入してしまうと、失敗したと感じる方が出てくるかもしれませんね。

因みに、このツールは5日間の無料お試しが出来ますので使ってみるのも良いかもしれません。

ただ、お試しするにあたって注意すべきなのが、実は人によっては別途費用がかかるということです。

どういうことかと申しますと、既にamazon大口出品サービスを利用して転売等を行っている方であれば問題ないかと思いますが、このセドリオンはお試しであっても本番と同様の仕様ですので、amazon大口出品サービスの契約が必要となります。

大口出品サービスで発生する費用は、月額4,900円の登録料と、注文の成約時にかかる販売手数料です。販売する商品のカテゴリーが本・ミュージック・ビデオ・DVDの場合、注文成約時に販売手数料とカテゴリー成約料がかかります。
https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/fee.html

 

転売をやってみようかどうかと検討している方は、amazon大口出品サービスにかかる費用を支払わなければ無料お試しが出来ないということなのです。

電脳せどりをやるぞ!と心に決めている方であれば、背水の陣としてamazon大口出品サービスに登録して臨むのもアリかもしれません。

しかし、「せどり電脳ツールとはどのようなものだろう?」と興味はあるけど、やるかどうかは決めかねているという方は5日間のお試しをするために4,900円の出費が伴うのは痛いのではないでしょうか。

まとめ

既にせどり転売を行ってる方であれば使ってみようと考える方もおられるかもしれませんが、製作者サイドが自賛するほどの素晴らしいツールだと思えるかという部分につきましては正直かなり微妙です。

無料お試しも可能とされている部分は素晴らしいと思いますが、やるかやらないかがわからない検討段階からamazon大口出品サービスへの登録費用が必要となるという部分が初心者の方には敷居が高いでしょう。

ツールの機能と価格が見合っているかというと、少々お高いようにも思います。

せどり転売をやってみようかと考えている方は、まずはツールに頼らず自分でリサーチしてみて実際に転売を経験した上でなお、このツールが必要だと思えたならば購入するのもアリかもしれませんが、おそらくそうはならないと考えます。

商材はしっかり調査し納得してから買うことを強くお薦めします。
皆様のネットビジネス参加の一助になれれば幸いです。

ではまた。

免責事項
当サイトに記載の情報について、掲載にあたっては精査・確認のうえ行っております。ただし、内容や時期によっては古い情報や誤りのあるものが含まれる可能性があります。あくまでも主観に基づいた内容になっておりますので当サイト情報の利用により生じたトラブルの保証は致しかねます。

 

SNSでもご購読できます。