『音読ビジネス(福田ゆり)』について

音読ビジネス

主催社名:株式会社インサイト
責任者名:冨塚千秋
所在地:〒150-0013東京都渋谷区恵比寿1-15-9 シルク恵比寿403

ランディングページURL

https://tyoudkns.o-sisb.com/01_lpy/ase/index_sm.php

https://tyoudkns.o-sisb.com/01_lpy/bgh/index_sm.php

https://tyoudkns.o-sisb.com/01_lpy/erg/end_sm.php

どーも。
はじめましての方、はじめまして。
OZ と申します。
以後お見知り置きの程よろしくお願いいたします。

以前、ある記事で、酒蔵メーカー様に混ぜ物のない、純粋にウイスキーと炭酸水だけの缶ハイボールを作って欲しいと述べたことがありました。

実は、そのような商品は既に存在しておりました。

『サントリー角ハイボール【濃いめ】』という商品です。

この商品が存在していることは知っていたのですが、缶のカラーリングがちょっとキツイ印象だったので、詳細も知らずに避けておりました。

ひょんなことから手に取って飲んでみたのですが、この『サントリー角ハイボール【濃いめ】』は、缶ハイボールの中では、

間違いなく一番美味しいです!

今では、缶ハイボールは、この商品一択です。

いや、ホント無知でした。

サントリー様、ごめんなさい!

そして、このような美味しい商品を販売していただき、ありがとうございます。

 

えー、さて

今回は『音読ビジネス(福田ゆり)』についてです。

本案件の謳い文句は

実践者58人中58人全員が月30万円達成!!

5分間の音読ですぐ1万円!

音読で稼げる画期的新副業!

どんな本でも1回5分のスマホ音読で即、入金♪

となっており

元手・勉強・顔出し不要で、音読するだけでお給料が受け取れるとのこと。

本当なのでしょうか。

まずはLINE@に登録し、動画を拝見してみました。

福田ゆりさんという女性ですが、声も顔もとてもお綺麗な方です。

動画も1話あたり、7~8分と短く、クドクドと持って回った言い方で尺を稼ぎ、無駄な時間を費やされる他案件と違って、あっさりしていて良いですね。

LPを見たときには『音読』がビジネスになるのか?

と怪しい案件だなぁと思ったのですが、初見の印象は悪くありませんでした。

あくまでも、初見の印象です。

最初は良い印象を受けはしましたが、動画の回が進み、案件の内容を聞いているうちに、

なんか違うな、と考えるようになりました。

以下に動画のURLを貼っておきます。

 

この案件の内容をざっくりまとめると

・音声の文字起こしアプリを使用して音読したものを文字化する。

・5分間の音読・3ページ程度でよい。

・文字化したデータをLINEかメールで送信する。

・1週間以内に報酬が支払われる。

・送信された文字データを利用してAIが自動で書籍を書いて出版される。

・作業をしなくとも、書籍でデータ利用された分、印税収入も得られる。

ということだそうです。

んー、残念ながら、いろいろと問題や穴があるように思いました。

福田ゆりさんによると、このビジネスは喉頭癌等になって喋れなくなると出来ないと言っていました。

まあ、『音読』ビジネスと謳っておりますので、こう言っているのでしょう。

ですが、送信するのは文字データですので、タイピングしても同じことです。

また、音読しなくとも、スキャンして文字起こしする手段はいくつもありますので、どちらかというと音読する方が非効率です。

3ページで1万円程度になるそうですが、1冊まるまる文字データ化したらいくらの報酬になるのでしょうね。

何の本でも良いと言われていましたが、本によって1ページあたりの文字数は違いますし、どうやって報酬金額が決定されるのかということもまったくわかりません。

動画内では、福田ゆりさん以外の二人の女性が実践して報酬を得たように演出されていましたが、報酬金額がマチマチであり、何故その金額となっているのかということは一切わかりません。

AIがデータを利用して執筆するとされていますが、(本当にそのようなことが行われるのかということは置いておくとして)文字データのこをどう切り取って使用するのかにもよりますが、著作権の問題がクリアできるのかということも怪しいように考えます。

印税収入といっていますが、複数の方が提出したデータを切り貼りして書籍にするのでしょうから、分配はどうやって計算するのでしょうか。

文字数割りするのかな?

ちょっと現実的ではありませんよね。

仮に本当に電子出版したとしても、売れなければ(読まれなければ)印税を得ることなど出来ません。

仮に売れたとしても、その作品に何人が携わったのかがわかりませんので、印税が発生したとしても何十分の一とか何百分の一とかの金額にしかならないでしょう。

余談ですが、私の知合いで何冊も書籍を出版している方がおられますが、初版すら殆ど売れない状態で、印税など夢のまた夢といった状態です。

売れる本というのは本当にほんの一部です。

印税云々の前に、売れなければ報酬が発生するはずもございません。

本案件は、内容を聞けば聞くほど、まったく稼げるようなシロモノではないなと思ってしまいました。

まとめ

本案件の初期参加費用は特別価格9,800円(税込)となっており商材としては、お安く設定されています。

ですが、

実際に報酬を得ようとすると高額のバックエンドに加入しないと報酬は支払えませんと言われるのが“オチ”の案件でしょう。

こういった初期費用が低く抑えられている案件では定石のやり口ですので、特に気を付けて下さい。

福田ゆりさんはとてもお綺麗な方です。

ですが、『綺麗な花には棘がある』と言われるように、

関わったら最後、体中が血だらけになるような棘だらけの食人花かもしれません。

綺麗な花は、遠目で見るだけにしておいた方が怪我をせずに済むでしょう。

もしも参加してしまい、連絡を取ったとしても、電話の相手は綺麗な声の福田ゆりさんではありません。

軽薄な若者か愛想のない輩のような方々と、何の建設的な話も出来ずに、心と財布を痛めることになる可能性が相当に高いでしょう。

参加するもしないも決めるのは自分自身ですが、

私としては、全くお勧めできない案件です。

もし参加したとしても全ては自己責任であり、その決断により損失が生じたとしても、その補填がされることはありません。

騙されたと気づいても、救われる可能性はかなり低いでしょう。

仮に返金訴訟を起こすにしても相当なエネルギーを要します。

一縷の望みを託して参加を検討しているのであれば、尚更避けるべき案件でしょう。

私がこの案件に対しての見解をどのように述べようとも、参加すると心に強く決められた方の耳には届かないかもしれません。

ですが、もしも本案件が詐欺案件であったとしたら、戻ってくるかもわからない損失を取り返すためにかかるエネルギーや時間を費やすような心の余裕がありますでしょうか?

参加を検討しておられるとしたら、今一度冷静になって熟考していただきたいと思います。

ご自身の大切な資産を守るのは自分自身であるということだけは肝に銘じるようにして下さい。

商材・オファーは慎重に調査し、納得の上で購入・参加することを強くお薦めします。
皆様のネットビジネス参加の一助になれれば幸いです。

ではまた。

免責事項
当サイトに記載の情報について、掲載にあたっては精査・確認のうえ行っております。ただし、内容や時期によっては古い情報や誤りのあるものが含まれる可能性があります。あくまでも主観に基づいた内容になっておりますので当サイト情報の利用により生じたトラブルの保証は致しかねます。

SNSでもご購読できます。